株式会社ハウジングプラザ リフォーム・増改築のプロフェショナル

0120-294-849

受付時間:9:00〜17:00 定休日:毎週火・水曜日

Q4-24-01住まいの結露を防ぐ方法は?

  • 結露のQ&A
  • リフォーム部位に関するQ&A

Aお答えします

断熱性の高い最近の住まいは結露でじめじめしていると、カビの温床となり、人体に悪影響を及ぼすばかりでなく、住まいの壁や天井にしみをつくったり、白蟻の発生の原因になったりと、放っておくと住まいの寿命を縮めることにもなります。

住まいで発生する結露には二つのタイプがあります。

窓ガラスや壁の表面などにできる「表面結露」

表面結露を防ぐには、壁や窓が外気によって冷やされないよう、壁の内部に断熱材をしっかり入れるほか、窓を二重ガラスにしたり、内窓を取り付けたりしてください。

壁の内部にできる「内部結露」

内部結露は室内の内装材料を透過した湿気が壁に冷やされて出てきます。
内部結露を防ぐには、湿度の高い室内空気が壁内部に入り込むのを防げばよいわけですから、防湿紙などの防湿材を壁の内側に入れたり、内装材そのものを防湿性の高い材料で仕上げることが求められます。

結露を防ぐには、湿気を出さない住まい方のほかに、住戸内での大きな温度差や、戸外に接する部分での温度差をつくらないことが大切です。



その他のリフォーム部位に関するQ&Aも是非ご覧ください。

こちらのページもどうぞ!

リフォーム施工事例

ハウジングプラザが手がけたさまざまなリフォームの施工実例をご覧ください。

お問い合わせは無料フリーダイヤル

0120-294-849
サービスエリア福岡・北九州・筑後・大分・佐賀

結露のQ&A

リフォーム部位に関するQ&A

コンテンツ一覧

ページトップへ

リフォームの
見積・プラン相談資料請求
お気軽にご依頼下さい!

見積依頼
資料請求

イベントや相談会
事前予約がオススメです!

相談会

その他の無料サービスも是非ご利用下さい。

リフォームに役立つ情報