株式会社ハウジングプラザ リフォーム・増改築のプロフェショナル

0120-294-849

受付時間:9:00〜17:00 定休日:毎週火・水曜日

Q4-11-04障子にはどのようなタイプがありますか?

  • 和室のQ&A
  • リフォーム部位に関するQ&A

Aお答えします

障子とは、本来は衝立(ついたて)の意味でしたが、今では和室のしつらえと遮光・断熱を目的とした建具のことを指します。
組子の組み方によって、荒間障子や横組障子、本繁障子などがあります。

また、ガラス入りのものや下部に腰板のついた腰障子と呼ばれるものもあります。
さらには、障子の下半分に透明ガラスを入れ、障子を上げると外が見えるようにした雪見障子と呼ばれるものもあります。

障子紙は無地のものや、少し和紙の繊維を残した雲竜がよく使用されます。
また和紙の素材も機械漉きと手漉きのものがあります。

障子紙は従来破れやすいものでしたが、近年では耐久性を向上させたタフトップという商品や、樹脂素材で障子紙を再現したワーロンと呼ばれるものなどが出てきました。



その他のリフォーム部位に関するQ&Aも是非ご覧ください。

こちらのページもどうぞ!

リフォーム施工事例

ハウジングプラザが手がけたさまざまなリフォームの施工実例をご覧ください。

お問い合わせは無料フリーダイヤル

0120-294-849
サービスエリア福岡・北九州・筑後・大分・佐賀

和室のQ&A

リフォーム部位に関するQ&A

コンテンツ一覧

ページトップへ

リフォームの
見積・プラン相談資料請求
お気軽にご依頼下さい!

見積依頼
資料請求

イベントや相談会
事前予約がオススメです!

相談会

その他の無料サービスも是非ご利用下さい。

リフォームに役立つ情報